メインコンテンツに移動

導入事例

ワタナベ整骨院/運動機能向上専門デイサービス いきいきグループ

整骨院、デイサービス、パーソナルトレーニングから、外部でのトレーニング指導まで、事業の複数領域で活用

2019/3/1

医療・リハビリ施設

秋田で、運動指導を軸に複数の施設を運営する株式会社 e-MOTIONsでは、整骨院、デイサービス、パーソナルトレーニングジムと幅広くTRXを活用。さらに、持ち運びができ、どこでもできるという特長を生かし、アスリートの遠征や合宿サポートの際にもご利用いただいています。

Q:TRXを導入されたきっかけ・理由は何でしょうか?

利用者が自身の身体を操作しながら様々なアプローチが可能な点です。レジスタンストレーニング、ファンクショナルトレーニング、リハビリテーション等、多くの用途に使用できます。安価で、設置できる場所があればどこでも使用できるのも魅力です。

Q:TRXを現在実際にどのように活用していますか?

介護施設では、個別機能訓練の一部として取り入れており、麻痺や各種疾患が原因となって引き起こされる動作不良や平衡機能の改善に使っています。また、老化による重心の前方変位に起因する、膝優位の立位、歩行姿勢を良くする為に、ポステリアチェーンの活性に積極的に活用しています。
整骨院では、主にスポーツ障害によって引き起こされるモビリティやフレキシビリティ、コアスタビリティの改善と獲得に用いています。また、院外でのトレーナー活動の際にも携帯し、適宜フィールドでのトレーニングやアスレティックリハビリテーションに活用しています。

Q:TRXを利用しているお客様の反応・フィードバックについて教えてください。

意識してやらなくても、動作を行う中で自分がうまくできない動きやコントロールの欠如に気づくことができ、継続する事で次第に正しい動作ができるようになることを実感しています。自分自身の身体が負荷になるので安心感があるようです。
バーベルなどの外的負荷でのトレーニングしか行っていなかったクライアントの方は、「自分の身体を操作する」という意識が芽生え、内観力が向上しています。

Q:TRXを導入してみての感想、実感している効果について教えてください。

立ち位置や身体の角度、基底面の変化によって、強度を容易に調整でき、多用途・多目的に利用できます。主に上肢に対してトラクションを掛ける事ができ、肩や肩甲帯に対する機能改善に重宝しています。
身体のサポートにも使えるので、怪我や障害によって身体機能が低下しているクライアントにも利用出来る点が役立っています。

回答者:株式会社e-MOTIONs代表取締役 渡部真吉 様(取材時期:2018年秋)
施設名:ワタナベ整骨院

【スポーツ専門整骨院】として、アスリートや、ビジネスパーソン、余暇時間をアクティブに過ごしている方々の為の治療院。
Web: http://wpw111.com/

施設名:運動機能向上専門デイサービス いきいきグループ

カラダの機能を改善、向上させる為の様々な運動や施術の提供に特化したデイサービス
Web: http://ikiiki-akita.com/