メインコンテンツに移動

介護医療現場でのTRXを用いた腰痛予防対策運動

no lift top

19/09/28

弊社は、2019年7月に厚生労働省の委託事業を受託している日本ノーリフト協会の賛助会員になり、兵庫県神戸市の協会本部にTRX SフレームおよびTRXサスペンショントレーナーを設置し、腰痛予防のためのプログラム提供を始めました。また、日本ノーリフト協会が全国47都道府県で実施している腰痛予防対策講習会において、TRXを用いた腰痛予防運動の実演、体験会を行っています。

セミナーの様子

医療介護業界は、腰痛の発症件数が多いため、厚労省が主体となって、現場での腰痛リスクの低減のためにノーリフト(人力で極力持ち上げない)の普及を進めています。各都道府県において開催されている講習会では、最大80名の介護医療現場の方の出席があり、参加者自身の腰痛予防運動として、また、職場での介護予防運動のツール、プログラムとしてTRXを興味深くご体感いただいています。

セミナーの様子2

日本ノーリフト協会ウェブサイト http://www.nolift.jp/

弊社では、介護予防の現場で応用していただけるエクササイズプログラムとして、TRX介護予防プログラムを販売しています。今後も多くの皆様の役に立てるようプログラムの開発、提供を進めてまいります。

TRX 介護予防プログラムはこちら http://www.shop-trxtrainingjapan.com/shopdetail/000000000103/