メインコンテンツに移動

導入事例

tablet flyer

ダンロップスポーツクラブ北松戸

TRX Sフレーム、TRX MAPSに加え、TRXエクササイズ入りタブレットを導入。様々な角度から利用者をサポートし、スペースの活性化を図る。

20/07/16

ダンロップスポーツクラブでは、TRXのグループレッスンを行うのに最適なTRX Sフレームを設置。グループレッスンを行っていない間は、フリースペースとして利用者に開放しています。フリー時間内の活用やパーソナルトレーニングの活用として、TRX MAPS、さらにはTRXエクササイズを収録したTRXタブレットスタンドを設置して、様々なレベルの方が、目的に応じてエリアを有効活用できるように工夫されています。

1:TRXタブレットスタンドを導入されたきっかけ・理由は何でしょうか?

TRXの熟練レベルに関わらず、様々な利用者にTRXの多様なエクササイズを紹介出来るようにする為です。

2:現在どのように活用していますか?

TRX Sフレームの横に設置し、フリーでTRXサスペンショントレーニングをする方に自由に閲覧できるようにしています。

gym field view

GYM FIELD

運営店舗全てにTRXサスペンショントレーナーを導入。パーソナルトレーニングの主軸として活用。各種ファンクショナルトレーニングツールも揃え、洗練されたトレーニング空間を演出。

20/07/08

「遊ぶように鍛える」というコンセプトでKOHRIMANがブランドプロデュースし、全国展開中の「GYM FIELD」。パーソナルトレーニングの主軸ツールとしてTRXサスペンショントレーナーを採用し、省スペースで効率的なトレーニングを行っている。今回は、代表の郡さんにTRXの導入の経緯や今後の展望についてお話を伺いました。

1:TRXを導入されたきっかけ・理由は何でしょうか?

大手フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしていた頃、より良いサービスをクライアント様に提供する為に、省スペースで待ち時間などなく予約時間を一杯使う為に、TRXサスペンショントレーナーは、僕にとっては正に「鬼アイテム」でした。そこから出張パーソナルをする時にも必ず持参して使用をしていましたし、独立開業してから現在までに30店舗ほどマイクロジムを出店してきましたが、全てのジムでTRXが100%活かせるジムのレイアウトにしてきました。 マイクロジムの成功の秘訣は「スペース」です。TRXはその点についてどのトレーニングツールよりもパーソナルトレーニングジム経営に革新的なイノベーションをもたらせました。 僕にとってTRXはジム経営において、無くてはならない存在であり、TRXと共に健康事業を発展させていきたいと思っています。

black studio line

Triple G Project

メインエリア、パーソナルエリア、フリーエリアにそれぞれTRXスタジオラインを導入。目的に応じた機能的な空間の創出に成功。

20/07/08

Triple G Projectは、三重県津市に立地するファンクショナルトレーニングに特化したジム。メインエリアにはTRXスタジオラインブリッジのブラックバージョン。そのほか、パーソナルトレーニングエリア、フリーエリアにもそれぞれTRXスタジオラインベイを設置。文字通りどこでもTRXトレーニングができる設計となっています。

 1:TRXを導入されたきっかけ・理由は何でしょうか?

元々自宅内の10畳程度のスペースを改装してパーソナルトレーニングを開業する予定でしたので、省スペースで機能的なトレーニングが可能な方法を探していました。そのとき以前より興味を持っていたTRXサスペンショントレーニングコースを受講したことは、TRXサスペンショントレーナーとの衝撃の出会いとなりました。省スペースで実施でき、汎用性、機能性を兼ね備えた、自分の理想とするトレーニング指導が出来るツールだと感じ、導入を決め、練習に励みました。

dunlop group class

ダンロップスポーツクラブ幕張

ジムエリアの一角にTRXスタジオラインベイを設置。スペースを有効活用。

20/07/07

千葉県幕張市の総合型フィットネスクラブ、ダンロップスポーツクラブ幕張店では、ジムエリアの端にTRXスタジオライントリプルベイを設置。少人数でのグループクラスやパーソナルトレーニング、またフリースペースとして提供されています。

1:TRXを導入されたきっかけ・理由は何でしょうか?

私自身、TRXは以前からその運動効果を実感しており、店舗で新しいプログラムを導入するにあたり「これしかない!」と思い導入を決めました。特にTRXスタジオライン サスペンションベイはスペースが限られている幕張店にはピッタリの商品でした。

2:現在どのように活用していますか?

1日複数回のショートレッスンを実施し、レッスン時間外はフリー利用で活用しています。
パーソナルトレーニングのメニューにも取り入れています。

3:TRXを導入しての感想、感じている効果について教えてください。

ystrine top banner

ワイズトライン

グループからパーソナル、コンディショニングからエステまで、大阪北摂エリアの方の健康寿命の増進を支援する複合型施設。

20/02/10

大阪府池田市にあるワイズトラインでは、パーソナルトレーニングエリアにTRX スタジオライン コーナーを導入し、ファンクショナルトレーニングツールも活用しながら、クライアントそれぞれに合わせたトレーニングを提供されています。さらに、同施設のフィットネススタジオには、TRXのグループクラスができる環境も完備。多彩なプログラムを展開し、地域の人々の健康増進、コミュニティの形成に貢献されています。

 

1:TRXを導入されたきっかけ・理由は何でしょうか?

弊社スタッフの多くがTRXサスペンショントレーニングコースやTRXファンクショナルトレーニングコースなどを受講していて、実際に自身のトレーニングに取り入れている者が多く、手足の4点支持下で行うトレーニングとは違った効果を実感していることもあり導入しました。

 

figure body

フィギュアボディ名古屋栄

国内最大級女性専用24時間ジムで、美しく機能的な身体を。

19/06/26

愛知県名古屋市栄にあるフィギュアボディは、従来の総合フィットネスジムを大幅にリニューアルし、女性専用の24時間ボディメイクジムを2019年4月1日にオープン! 延床面積250坪を誇る施設の一角に、TRXスタジオラインをメインとしたファンクショナルトレーニングゾーンを設置。
dome-top

ドームアスリートハウス

30秒で動きを分析するTRXMAPS(マップス)を使って、利用者の自己管理を促す

19/05/22

30秒で動きを分析するTRXMAPS(マップス)。アンダーアーマーブランドの日本展開を担う株式会社ドームが運営するトレーニング施設、ドームアスリートハウスでは、日本での2018年のTRXMAPS販売開始に合わせて半年間のお試し使用をしていただきました。
nittazuka1

スポーツクラブ新田塚アーク

負荷をやわらげ、安全に運動。介護予防教室のエクササイズプログラムにTRXを導入。

19/05/15

スポーツクラブ新田塚アークは、福井県福井市にある本格的なスポーツクラブです。2017年12月より、同施設内にて、介護予防教室を始め、TRXを活用した介護予防運動を展開しています。また、系列のスポーツクラブ新田塚アークDO!では、スタジオプログラムとして、TRXのグループトレーニングも展開しています。
三芳町総合体育館1

三芳町総合体育館

施設のリニューアル時にTRX Sフレームを導入。ウォームアップからメイントレーニングまで幅広く活用

19/02/22

三芳町総合体育館では、2017年1月の施設リニューアル時にTRX Sフレームを導入。導入時には、TRXからインストラクターを派遣して、施設スタッフの皆様にTRXサスペンショントレーニングコースを受講していただきました。高齢者の利用が多い施設ですが、ストレッチや準備運動にも積極的に活用し、動きの向上を実感されています
フィットネスクラブ・ジム を購読