メインコンテンツに移動

導入事例

早稲田イーライフ 坂戸

デイサービスにTRXを導入。介護予防事業以外のサービスでの活用も視野に

2019/3/15

デイサービス事業を展開する早稲田イーライフでは、4年ほど前より介護予防運動にTRXサスペンショントレーナーを導入してくださっています。可動域の改善、筋力強化、バランスの向上など、目的別にプログラムを組み、グループエクササイズにご活用いただいています。

仙台リゾート&スポーツ専門学校

学校のトレーニング室の一つをファンクショナルトレーニングをメインとした空間に

2019/3/8

仙台リゾート&スポーツ専門学校では、学校内にある部屋の一つをファンクショナルトレーニングルームにして、講義やセミナー、また学生のトレーニング実習の場として活用されています。またこのルームを会場とした外部セミナーの開催もあり、TRXトレーニングの体験会やTRXサスペンショントレーニングコースの開催にもご協力いただいています。

ワタナベ整骨院/運動機能向上専門デイサービス いきいきグループ

整骨院、デイサービス、パーソナルトレーニングから、外部でのトレーニング指導まで、事業の複数領域で活用

2019/3/1

秋田で、運動指導を軸に複数の施設を運営する株式会社 e-MOTIONsでは、整骨院、デイサービス、パーソナルトレーニングジムと幅広くTRXを活用。さらに、持ち運びができ、どこでもできるという特長を生かし、アスリートの遠征や合宿サポートの際にもご利用いただいています。

三芳町総合体育館

施設のリニューアル時にTRX Sフレームを導入。ウォームアップからメイントレーニングまで幅広く活用

2019/2/22

三芳町総合体育館では、2017年1月の施設リニューアル時にTRX Sフレームを導入。導入時には、TRXからインストラクターを派遣して、施設スタッフの皆様にTRXサスペンショントレーニングコースを受講していただきました。高齢者の利用が多い施設ですが、ストレッチや準備運動にも積極的に活用し、動きの向上を実感されています

Sami Fitness

低コストで、TRXをメインとした機能的な空間を実現

2019/2/15

東京・広尾にあるトレーニングスタジオ「Sami Fitness」。2017年の拡大移転オープン時に空間を広く使ってTRXをメインとしたデザインに。TRX Xマウントを天井に打ち込み、スペースを最大限に生かしたTRXスタジオを実現。

EX FIGHT

ウエイトエリアとフリースペースの境にTRXスタジオラインを設置。デザインと機能性を両立

2019/2/8

LDH martial artsが手がけるEX FIGHT。2018年春のオープン時にTRXスタジオライン ベイを設置していただきました。TRXスタジオライン ベイを奥のウエイトゾーンとの仕切りとしても使い、開放感を保ちながらも機能性の高い空間の実現に成功しました。

ティップ.クロス TOKYO 新宿

TRXスタジオラインをメインにファンクショナルトレーニングエリアを全面リニューアル

2019/2/1

ティップ.クロス TOKYO新宿では、2012年よりTRX Sフレームを導入し、TRXのグレープレッスン等を行っていましたが、ファンクショナルトレーニングエリアのリニューアルにあたり、2018年にTRXスタジオラインに切り替えました。今回は、同施設の支配人である小林様に導入の経緯と活用状況について伺いました。