メインコンテンツに移動

【10月25日(火)開催!オンラインセミナー】 新しいカタチのデイサービス 早稲田イーライフのTRX活用事例

top image

全国に100以上のデイサービス施設を展開する「早稲田イーライフ」では、早稲田大学エルダリー・ヘルス研究所の協力のもと、エビデンス(科学的根拠)を考慮した運動プログラムを作成、実施しており、リハビリだけで終わらずに、「運動習慣を身に付ける」ことを重視した運営をしています。

早稲田イーライフのプログラムには、要支援・要介護者でも安全に取り組むことのできるトレーニングとしてTRXサスペンショントレーナーが指定運動器具に採用されています。

今回のオンラインセミナーでは、早稲田イーライフを運営する早稲田エルダリー事業団の事業開発部長の立石様より、TRX導入の経緯から、施設ごとの導入形態、実際の運営・活用方法についてお話いただきます。

デイサービス、介護予防事業へのTRXの導入を検討されている方、TRXを使った介護予防プログラムの導入に興味のある方などにおすすめのセミナーです。

タイトル新しいカタチのデイサービス 早稲田イーライフのTRX活用事例

日時:10月25日(火)16:00-16:30
形式:zoomウェビナー
参加費:無料

image1

スピーカー:立石亮介 氏(株式会社 早稲田エルダリー事業団 事業開発部部長)
主催:TRX Training Japan株式会社

submit button

関連記事

  • 12月13日開催!オンラインセミナー「地域密着型ジムの運営事例:ファンクショナルトレーニング習慣化のメリット」

    22/12/02

    三重県にある地域密着型施設『TGPファンクショナルトレーニングジム』では、「自分の両手が届く範囲の人を健康で満足な人生を送ってもらうため導くこと」という志のもと、一般的なジムとは異なり、ウェイトマシンはほとんど置かず、ファンクショナルトレーニング機器をメインにプロ

  • 【2022年9月27日(火)開催!】ファンクショナルトレーニングが集客の要!24時間ジム「アブレイズ ボディデザイン水戸」のTRX活用事例

    22/09/16

    近年、多くのジムでファンクショナルトレーニングエリアが導入されるようになってきています。しかし同時に、そのポテンシャルを十分に活かしきれず、利用率が低いエリアになってしまっている施設も存在しています。

  • 2022年8月26日(金)開催!参加費無料ウェビナー「インストラクター、ジム経営者のためのSNS活用法」

    22/08/03

    インストラクター、ジム経営者に限らず、どの業界においても重要な問題が「集客」です。SNSは、誰でも気軽に情報を発信できる手軽なコンテンツです。