メインコンテンツに移動

ヨガにTRXを取り入れる利点と行うときのポイント

yoga image

ヨガの練習にTRX®サスペンショントレーナーを取り入れることには様々な利点があります。関節の可動性を高め、バランスと協調性を改善し、回復力を築く。TRX for Yogaを行うことで、動的な姿勢のコントロールが身につき、日常生活やスポーツパフォーマンスにもつながります。また、TRX for Yogaは、ヨガのプラクティスの意味でも、各ポーズをより豊かに表現するために必要な正しい筋肉の活性の仕方、鍛え方を教えてくれます。 呼吸と組み合わせることで、感覚を研ぎ澄まし、最大限の可能性を追求することができます。

ヨガのためのTRXサスペンショントレーニング

ヨガのポーズは、古くから伝わる動きで、自分の身体をコントロールすること、身体機能を向上させることを目的としています。  TRX®サスペンショントレーナーを使ってヨガのポーズを探求するときは、ヨガのポーズの意図が明確であることが大切です。 サスペンショントレーナーを活用して、引く、押す、持ち上げる、押す、回転させるなどの動作を補助し、より深い表現力を生み出します。

適切なポーズを取ることができたら、3~5回ウジャイ呼吸をして、ポーズをキープします。 息を吸うときに身体の長さとスペースを意識し、吐くときに筋肉を収縮し、ポーズをより深くしていきます。

TRXヨガフローの流れ:

TRXを用いた太陽礼拝を3~5回行い、体を整えることから始めます。
各ポーズを3~5回、ウジャイ呼吸でキープします。
右手、左手の順ですべてのポーズを流れるように行います。
より深く筋肉にアプローチしたい場合は、このフローを繰り返します。

ヒント 

ストラップを常にピンと張る
TRXサスペンショントレーナーの活用方法を理解するために、練習を繰り返す
アクティブプランクを保つ

ヨガの呼吸

鼻から、深く意識的に呼吸をします。
喉の奥の筋肉を少し収縮させて、聞こえるよう息を吐きます(呼吸で海の音を作る)。
息を吸う長さと吐く長さを揃えます。
体を開き、拡張するために息を吸います。
体を折り曲げ、収縮させ、ねじるために息を吐きます。

TRX for Yogaのワークアウトのサンプルを下記にて公開していますので、上記を意識した上で、ぜひチャレンジしてみてください。

-----------

TRX Yoga ファウンデーションコース開催決定!

2年前の初開催より、大変お待たせしてしまいましたが、この度、TRX for Yogaコースを洗練し、バージョンアップしたコースとして、TRX Yogaファウンデーションコースの開催が決まりました!

日本人インストラクターによる、日本語でのコース開催です。
https://www.trxtraining.jp/news/trxyoga-foundationcourse-release

 

関連記事

  • 体操競技のためのTRXエクササイズ6選

    22/09/09

    体操競技は、身体の能力を極限まで突き詰めることを求められます。種目の練習のみに特化していると、特定の関節や筋肉に負担がかかりやすく、身体の不調や怪我をきたす原因となり得ます。適切な可動域の確保、体幹の安定性、身体バランスなどは、すべてのスポーツにおいて大切な要素です。以上の点を踏まえ、体操競技のクロストレーニングとしておすすめのエクササイズを紹介します。

  • サイクリングのためのTRXエクササイズ5選

    22/08/30

    今回はサイクリストのためのTRXサスペンショントレーニングとして、おすすめのエクササイズを5つ紹介します。サイクリングには、両側の協調性、体幹の強さ、安定性が同時に必要です。自転車競技のトレーニングプログラムにサスペンショントレーニングを取り入れる場合、スポーツの要求に応じたトレーニングを行うと同時に、利き足と非利き足の間のアンバランスに取り組むことが重要です。

  • バスケットボール選手におすすめのTRXエクササイズ5選

    22/06/03

    NBAファイナルの時期ですね。もうすぐバスケットボールシーズンは終わってしまいますが、オフシーズンにこそ大切な身体作りに役立つTRXエクササイズを5つ紹介します。30秒 x 2セットから始め、4セットにしたり、時間を伸ばしてみるなどしてみてください。左右があるものが多いので、偶数セットにしています。

    TRXランジ