メインコンテンツに移動

介護予防向けTRXトレーニングの活用方法

senior image TRX

きついイメージが先行しがちなTRXですが、工夫をすれば、シニア層にもとても効果的なエクササイズができます。下記では、椅子を使って腹部の活性、立ち上がり動作をトレーニングできるエクササイズをご紹介します。

 

介護予防に役立つTRXトレーニング!! 医療法人社団飛翔会 門田正久(理学療法士・介護予防主任運動指導員) 監修協力

椅子に座って、両手をハンドルに掛けて伸ばした時に、両手が肩より少し下の位置になるようにサスペンショントレーナーの長さを調節します。

①シーテッドホールド ハンドルの手前に座り、両手をかけます。両手を床の方向へ押し、腹部を活性させ、姿勢をまっすぐに保ちます。肩が上がらないよう注意してください。

seated hold

②シーテッドヒップヒンジ ①の状態から、両手でハンドルを下に押しながら、股関節から体を前に屈曲します。肩関節の屈曲にも注意し、動きをしっかりコントロールして行ってください。 

seated hip hinge

③スタンドアップ ②の状態から、重心を前方へ移動し、ハンドルを押しながら、椅子から立ち上がります。 

stand up1 stand up 2 stand up 3

オンラインショップにてTRX介護予防プログラムを販売しています。TRXの基本的な使い方と介護予防に役立つ運動プログラムを動画とテキストで解説しています。詳しくは下記商品ページをご確認ください。

http://www.shop-trxtrainingjapan.com/shopdetail/000000000103/

介護予防運動へのTRXの導入を検討されているお客様には、トレーニングスペースのレイアウトからプログラムの運用まで総合的にご提案できますのでぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

  • 体操競技のためのTRXエクササイズ6選

    22/09/09

    体操競技は、身体の能力を極限まで突き詰めることを求められます。種目の練習のみに特化していると、特定の関節や筋肉に負担がかかりやすく、身体の不調や怪我をきたす原因となり得ます。適切な可動域の確保、体幹の安定性、身体バランスなどは、すべてのスポーツにおいて大切な要素です。以上の点を踏まえ、体操競技のクロストレーニングとしておすすめのエクササイズを紹介します。

  • サイクリングのためのTRXエクササイズ5選

    22/08/30

    今回はサイクリストのためのTRXサスペンショントレーニングとして、おすすめのエクササイズを5つ紹介します。サイクリングには、両側の協調性、体幹の強さ、安定性が同時に必要です。自転車競技のトレーニングプログラムにサスペンショントレーニングを取り入れる場合、スポーツの要求に応じたトレーニングを行うと同時に、利き足と非利き足の間のアンバランスに取り組むことが重要です。

  • バスケットボール選手におすすめのTRXエクササイズ5選

    22/06/03

    NBAファイナルの時期ですね。もうすぐバスケットボールシーズンは終わってしまいますが、オフシーズンにこそ大切な身体作りに役立つTRXエクササイズを5つ紹介します。30秒 x 2セットから始め、4セットにしたり、時間を伸ばしてみるなどしてみてください。左右があるものが多いので、偶数セットにしています。

    TRXランジ