メインコンテンツに移動

3分でできる股関節周りのリリース方法

rocker header

外出自粛の要請や日々流れるニュースでストレスが溜まってはいませんか。不安になることは多いと思いますが、睡眠、栄養、適度な運動を大事にしましょう。

今回は、昨年11月に販売開始したTRXロッカーを使って、股関節周りの動きを改善するおすすめの方法を紹介します。自宅で過ごす時間が増え、座っている時間も長くなってしまっている方には特におすすめです。

エッジの部分を足の方向へ向けてTRXロッカーをセットします。低強度ゾーンか中強度ゾーンかはご自身の状態に合わせてお選びください。TRXロッカーの上にお尻の上部を位置し、膝を立て、足は腰幅に開きます。(骨ではなく筋肉にTRXロッカーが触れていると感じるはずです)

1.ダブルニーロック

double kneerock

左右交互に3回

両腕は身体の横に置き、ゆっくりと両膝を横へ倒します。膝を中心に戻し、反対側へ。この動作を繰り返します。背中は床につけた状態を保ってください。

2.ヒップフレキサーストレッチ

hip flexor stretch

呼吸を3-5回繰り返す

左脚を伸ばし、右脚は曲げた状態で足を床につけます。(人によってはこれで十分です)より深くアプローチしたい場合には、右膝を胸の方向へ近づけ、右腿の裏側を両手で掴みます。(左足が地面から浮いても大丈夫です)足は背屈した状態を保ちます。

3.シングルニークロスボディロック

cross body rock

肘を開いて床に置き、背中を床につけた状態を保ちます。右膝を右の股関節の上に持ってきて、膝は90度に曲げた状態を保ちます。息を吐きながら、右膝を身体の左方向へ持っていきます。左側のお尻にかかる圧が深くんるのを感じるはずです。息を吸いながら膝を元に戻します。

足を入れ替えて2と3を繰り返します。

TRXロッカーの商品ページはこちら

行う上でのヒント

  • 肩が床から離れないように

  • 体幹を安定させる

  • 頭と首はリラックス

  • 呼吸を止めない

  • ゆっくりリズミカルに動く

  • 固いと感じたらその場で呼吸を3-5回繰り返して緊張をほぐすようにする

関連記事

  • 体操競技のためのTRXエクササイズ6選

    22/09/09

    体操競技は、身体の能力を極限まで突き詰めることを求められます。種目の練習のみに特化していると、特定の関節や筋肉に負担がかかりやすく、身体の不調や怪我をきたす原因となり得ます。適切な可動域の確保、体幹の安定性、身体バランスなどは、すべてのスポーツにおいて大切な要素です。以上の点を踏まえ、体操競技のクロストレーニングとしておすすめのエクササイズを紹介します。

  • サイクリングのためのTRXエクササイズ5選

    22/08/30

    今回はサイクリストのためのTRXサスペンショントレーニングとして、おすすめのエクササイズを5つ紹介します。サイクリングには、両側の協調性、体幹の強さ、安定性が同時に必要です。自転車競技のトレーニングプログラムにサスペンショントレーニングを取り入れる場合、スポーツの要求に応じたトレーニングを行うと同時に、利き足と非利き足の間のアンバランスに取り組むことが重要です。

  • バスケットボール選手におすすめのTRXエクササイズ5選

    22/06/03

    NBAファイナルの時期ですね。もうすぐバスケットボールシーズンは終わってしまいますが、オフシーズンにこそ大切な身体作りに役立つTRXエクササイズを5つ紹介します。30秒 x 2セットから始め、4セットにしたり、時間を伸ばしてみるなどしてみてください。左右があるものが多いので、偶数セットにしています。

    TRXランジ