メインコンテンツに移動

サーフィンのためのTRXエクササイズ 4選

atomic pushup

サーフィンは、全身の筋力はもちろん、心肺機能も重要なスポーツです。エリートサーファーであれ、波乗りを楽しむ週末サーファーであれ、陸上でのクロストレーニングは、パフォーマンス向上に欠かせません。

今回はよりうまく波に乗るためのエクササイズを4つ紹介します。気持ちの良い波をつかんで下さい。
 

1. TRX アトミックプッシュアップ

フットクレードルにつま先をいれて、うつぶせになり、腕立て伏せの姿勢になります。そこから肘を曲げて、腕立て伏せを一回したら、両膝を胸の方向に引き付けます。この動作を繰り返します。

2. TRXシングルレッグスクワット

ハンドルを持ち、アンカーポイントに向かって立ちます。片脚をアンカーポイントの中心に合わせたら、もう片方の脚は空中に浮かせた状態で、腰を落とし片足でのスクワットを行います。かかとで地面を押し、立ち上がります。

3 .TRXパワープル

片手でハンドルを持ち、アンカーポイントに向かって立ちます。もう片方の手は、ストラップに沿って、アンカーポイントの方向に伸ばします。脚は腰幅に開き、ストラップをぴんと張った状態を保ちながら、ハンドルを持っている腕を伸ばし、身体を後方に傾けると同時に胸を開いて上半身を回旋します。肘を引いて、身体を起こし、元の姿勢に戻ります。
 

4. TRXアブダクテッドランジ

アンカーポイントに横向きに立ち、フットクレードルを一つにまとめて片脚のつま先を入れます。地面についている足でバランスを取り身体を支えながら、腰を落とします。膝が90度の角度まで来たら、地面を強く踏み込んで立ち上がり、元の姿勢に戻ります。

すべてのエクササイズをまずは30秒ずつ、左右両側で行い、3ラウンド繰り返します。慣れてきたらエクササイズの継続時間を長くして、60秒行い、30秒休憩で繰り返すようにします。パワーアップはもちろん、テンポよく行うことで、心肺機能にも負荷をかけられます。ぜひ試してみてください。

関連記事

  • 体操競技のためのTRXエクササイズ6選

    22/09/09

    体操競技は、身体の能力を極限まで突き詰めることを求められます。種目の練習のみに特化していると、特定の関節や筋肉に負担がかかりやすく、身体の不調や怪我をきたす原因となり得ます。適切な可動域の確保、体幹の安定性、身体バランスなどは、すべてのスポーツにおいて大切な要素です。以上の点を踏まえ、体操競技のクロストレーニングとしておすすめのエクササイズを紹介します。

  • サイクリングのためのTRXエクササイズ5選

    22/08/30

    今回はサイクリストのためのTRXサスペンショントレーニングとして、おすすめのエクササイズを5つ紹介します。サイクリングには、両側の協調性、体幹の強さ、安定性が同時に必要です。自転車競技のトレーニングプログラムにサスペンショントレーニングを取り入れる場合、スポーツの要求に応じたトレーニングを行うと同時に、利き足と非利き足の間のアンバランスに取り組むことが重要です。

  • バスケットボール選手におすすめのTRXエクササイズ5選

    22/06/03

    NBAファイナルの時期ですね。もうすぐバスケットボールシーズンは終わってしまいますが、オフシーズンにこそ大切な身体作りに役立つTRXエクササイズを5つ紹介します。30秒 x 2セットから始め、4セットにしたり、時間を伸ばしてみるなどしてみてください。左右があるものが多いので、偶数セットにしています。

    TRXランジ