メインコンテンツに移動

自宅でTRXサスペンショントレーニングを行う際の注意点

header image

コロナ禍での外出制限などにより、自宅でTRXサスペンショントレーニングを始める方も増えてきています。自宅で使用する際にまず考えるのが「どこに設置するか?」。一番簡単なのが、TRXドアアンカーを使う方法です。TRXドアアンカーは、どのタイプのTRXサスペンショントレーナーセットにも付属していて、ドアの上部に掛けるだけで簡単に設置が可能です。

door anchor set up    door anchor in use 1

ドアアンカーを使って、サスペンショントレーナーを設置する場合には、いくつか注意すべき点があります。

  • 鍵がかけられる場合は鍵をかける
  • 実際にエクササイズを行う前に加重テストをして、しっかり固定できていることを確認する
  • できるだけ丈夫なドアを使用する
  • なるべく蝶番に近い側に設置する(ドアにかかる負担が軽減する)

door anchor in use 2

またエクササイズを行う際の注意点として、下記を考慮する必要があります。

  1. サスペンショントレーナーの長さ調節
  2. アンカーポイントの真下の空間が使用できない

1に関しては、ドアアンカーを使う場合、アンカーポイントの高さが推奨の2.1-2.7mより低くなることが多いため、ロングにするとハンドルが床についてしまうこともあります。そのため、ショートよりもさらに短いオーバーショートを使ったりといった工夫も必要になります。エクササイズにおける長さ設定は絶対的なものではないので、動きやすいように適宜調整するようにしましょう。

次に2の点ですが、ドアアンカーを使うと、アンカーポイントの真下に身体を位置するTRXインバーテッドロウなどのエクササイズが物理的にできません。振り子の原則を使った、足の位置を自分から見てアンカーポイントの向こう側に位置して行うエクササイズ等もドアアンカーの場合にはできません。

TRXインバーテッドロウ

inverted row

こういった注意点はありますが、ドアアンカーでもかなり多くのエクササイズが行えます。ご自宅はもちろん、オフィスや出張先などへ持っていき、簡単に設置ができるのもTRXサスペンショントレーナーの魅力です。ぜひお気に入りのトレーニング場所を見つけて、トレーニングを楽しみましょう。

TRXサスペンショントレーナーの設置については、ぜひこちらのページもご覧ください。
https://trxtraining.jp/trx-how-to-use

関連記事

  • 体操競技のためのTRXエクササイズ6選

    22/09/09

    体操競技は、身体の能力を極限まで突き詰めることを求められます。種目の練習のみに特化していると、特定の関節や筋肉に負担がかかりやすく、身体の不調や怪我をきたす原因となり得ます。適切な可動域の確保、体幹の安定性、身体バランスなどは、すべてのスポーツにおいて大切な要素です。以上の点を踏まえ、体操競技のクロストレーニングとしておすすめのエクササイズを紹介します。

  • サイクリングのためのTRXエクササイズ5選

    22/08/30

    今回はサイクリストのためのTRXサスペンショントレーニングとして、おすすめのエクササイズを5つ紹介します。サイクリングには、両側の協調性、体幹の強さ、安定性が同時に必要です。自転車競技のトレーニングプログラムにサスペンショントレーニングを取り入れる場合、スポーツの要求に応じたトレーニングを行うと同時に、利き足と非利き足の間のアンバランスに取り組むことが重要です。

  • バスケットボール選手におすすめのTRXエクササイズ5選

    22/06/03

    NBAファイナルの時期ですね。もうすぐバスケットボールシーズンは終わってしまいますが、オフシーズンにこそ大切な身体作りに役立つTRXエクササイズを5つ紹介します。30秒 x 2セットから始め、4セットにしたり、時間を伸ばしてみるなどしてみてください。左右があるものが多いので、偶数セットにしています。

    TRXランジ