メインコンテンツに移動

クライマー向け!TRXエクササイズ3選

climbing exercise image

アメリカにあるクライミングジム、Brooklyn Bouldersの動画を引用して、クライマー向けのお勧めエクササイズを紹介します。

まず一つ目はTRXスコーピオン。

trx scorpion

ストラップの長さをミッドカーフにして、シングルハンドルモード、またはフットクレードルを一つにまとめて、片足のつま先を入れます。両手を床につき、プランクのポジションになります(図左)。フットクレードルに入れていない方の足を身体の下側を通して、反対側へ交差させるようにします。交差させた足を戻します。

ここまででもいいですが、できる方はさらに身体の上側から足を反対側へ交差させる動作も行ってみてください。柔軟性と筋力両方が求められる難易度の高い種目です。体を支えながら、足をリーチさせるクライミングに必要な動作を鍛えることに役立ちます。

次にTRXシングルレッグスクワット。

single leg squat

長さをミッドレングスにして、アンカーポイントに顔を向けて立ちます。肘が肩の下に来る位置でハンドルを持ち、片足をアンカーポイントの中心と合わせ、もう片方の足は宙に浮かせた状態にします。お尻を後方へ下げます。踵で床を押して、立ち上がります。

引用動画ではこの動作を片方の手だけハンドルを持った状態で行っています。シングルレッグスクワットの場合、TRXサスペンショントレーナーは動きを助ける働きをしますので、片手のみでハンドルを持つ場合、バランスを保つことがより難しくなります。

クライミングでは両足で同じように踏めることなどほぼありません。このエクササイズは、片足でしっかり踏み込む力、そしてバランスを向上するために有効なエクササイズです。

最後にTRXパワープルです。

power pull

長さはミッドレングス、アンカーポイントに顔を向けて立ちます。シングルハンドルモードにして、片手でハンドルをもち、もう片方の手はストラップに沿って伸ばします。ハンドルを持った腕を伸ばして身体を後方へ傾けると同時に、空いている方の手を開いて、身体を回旋させます。ハンドルを持っている手を引き、回旋を戻しながら、身体を起こして元の位置に戻ります。

身体を回旋させながら腕をリーチするという動きもクライミングには大切な要素です。

ぜひ試してみてください。

関連記事

  • 体操競技のためのTRXエクササイズ6選

    22/09/09

    体操競技は、身体の能力を極限まで突き詰めることを求められます。種目の練習のみに特化していると、特定の関節や筋肉に負担がかかりやすく、身体の不調や怪我をきたす原因となり得ます。適切な可動域の確保、体幹の安定性、身体バランスなどは、すべてのスポーツにおいて大切な要素です。以上の点を踏まえ、体操競技のクロストレーニングとしておすすめのエクササイズを紹介します。

  • サイクリングのためのTRXエクササイズ5選

    22/08/30

    今回はサイクリストのためのTRXサスペンショントレーニングとして、おすすめのエクササイズを5つ紹介します。サイクリングには、両側の協調性、体幹の強さ、安定性が同時に必要です。自転車競技のトレーニングプログラムにサスペンショントレーニングを取り入れる場合、スポーツの要求に応じたトレーニングを行うと同時に、利き足と非利き足の間のアンバランスに取り組むことが重要です。

  • バスケットボール選手におすすめのTRXエクササイズ5選

    22/06/03

    NBAファイナルの時期ですね。もうすぐバスケットボールシーズンは終わってしまいますが、オフシーズンにこそ大切な身体作りに役立つTRXエクササイズを5つ紹介します。30秒 x 2セットから始め、4セットにしたり、時間を伸ばしてみるなどしてみてください。左右があるものが多いので、偶数セットにしています。

    TRXランジ