メインコンテンツに移動

TRX基礎動作の進化

foundational movement evolution

19/09/19

TRXでは、人間の動きは7つのシンプルな動作に起因すると考えています。TRXトレーニングの基盤となっているTRX基礎動作。TRXのトレーナー養成コースを受講したことがある方ならこの理論を一度は聞いているはずです。

プランクを中心として、プル、ヒンジ、プッシュ、ローテーション(回旋)、スクワット、ランジの7つ。

これらの発展動作として新たに4つの動作、ベンド(曲げる)、ツイスト(ひねる)、ステップ(踏み出す)、クロール(這う)を加えます。このTRXの基礎動作の発展について、今月から4か月にわたって解説していきます。

第一弾、ヒンジからベンドへ。下記リンクよりぜひご一読いただければ幸いです。
https://kinetikos.jp/th_gallery/evolution-of-trx-foundational-movements

本コンテンツは、株式会社Kinetikos より翻訳記事の無料閲覧提供をいただいております。

パート2 回旋からツイストへ https://kinetikos.jp/th_gallery/evolution-of-trx-foundational-movements-rotate-twist
パート3 ランジからステップへ http://trxtraining.jp/the-evolution-of-the-trx-foundational-movements-part-3-lunge-to-step
パート4 プランクからクロールへ https://kinetikos.jp/th_gallery/evolution-of-trx-foundational-movements-plank-crawl

関連記事

  • TRXサスペンショントレーニングの基本:6つのボディポジション

    22/05/12

    TRXトレーニングの基本について解説するシリーズ。今回はTRXトレーニングを行う際の身体のポジションについて説明します。

  • TRXサスペンショントレーニングの基本:長さの調節

    22/03/09

    TRXサスペンショントレーナーは伸びるの?と聞かれることがあります。結論から述べますと、TRXは、ナイロン製のストラップでできているので、伸び縮みはしません。でも長さを変えることで、エクササイズや利用者の体格、習熟度に合わせて、可動域や強度を調整することができます。

    長さの設定の基本は5つ!

  • TRXサスペンショントレーニングの基本:強度変換の原則

    21/07/19

    今回はTRXサスペンショントレーニングの基本の一つである強度変換の原則について説明します。